「…どうせ眠れないんだったら、起きてあんたの顔を見てるほうがいいと思ったのよ」

「…それで、来たの?」

「…そうよ」

「…おれのことが、心配で?」

「何よっ、悪い?」

「…」

「…いんこ?」

「――せっかく、今まで抑えてたってのに…けど、もう限界」

「えっ?」

「明日にはどうなるかも分からないおれなんかが、きみの記憶に残るような真似しちゃ駄目だって、これでも我慢してたんだぜ?」

「…いんこ」

「なのに、残酷なくらいに可愛いんだな…刑事さんは」

「なに言っ…きゃ…っ」

「――本心じゃ、ずっと欲しかった…モモ子」

「…陽介くん」

「きみを、愛してる」

「…」

「…」

「…"どうなるか分からない"なんて言わないで。それに、記憶に残らないなんて無理よ。だって、あたしはもうとっくにあんたのこと…陽介くんのことが、好きなんだから」

「……朝まで、おれと一緒に居て、モモ子」

「…はじめから、そう…言ったでしょ…」




「終幕」のラストの舞台の前夜。
お題[ベッドで/お喋り](贋物十題様)のつもりで書き始めたのに、
何故か[ベッドにいく前の/お喋り]に変わっていた。
もうお題でもなんでもない…な…
05.9.20


SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO