言葉にして
貴方に

伝えたい気持ちで
いっぱいになる時があるの。

…たとえば、今。




Lovin’ you




『  。』

貴方以外の人の前では、幾度となく口にしてきたその台詞を。

貴方のいない所でなら、何の苦もなく紡げるその言葉を。

今この瞬間に言えなくて、あたしはうつむいて沈黙する。

貴方は、そんなあたしの顔を綺麗な瞳で覗き込む。

素直に本人に伝えることがこんなにも困難だなんて。
 

『  。』

貴方の部屋の片隅で、向かい合う。

柔らかで優しい空気が二人を包むこの時間。

早くしなきゃ、先を越されてしまうわ。

もう今にも口を開きそうな様子の貴方に。


『  。』

ゆっくりと、貴方があたしの体を引き寄せる。

温かいその腕のなかで、あたしは再度試みるけれど、やっぱり声は出てこない。

あたしの髪を静かに撫でる貴方の手。


――貴方はあたしの気持ちを知っていて、あたしも葉の心を知っている。
だから、こうして求め合う瞬間に、もしかしたら言葉は要らないのかもしれないけれど。


「…アンナ。愛し…」

囁きかけた貴方の口をキスで塞ぐ。

ごめんね。グズグズしてるあたしがいけないのに。でも、今夜はあたしから言わせて頂戴。

あたしの行動に貴方は少し驚いたようだったけど、すぐに抱いている腕に優しく力を込めてくれた。


「ん」

甘く甘く、唇で確かめ合いながら。

心の準備をする。

もう後がないから。


次第に二人の息が続かなくなって、そのときは近付いてくる。

胸の鼓動で刻むカウントダウン。

唇が離れたなら、今度こそ伝えよう。

あたしを映す貴方のその瞳を、しっかりと見つめて。



―――さぁ。






裏物を書こうとして、成りきれなかったブツ。
やっぱキス止まりが好きみたいです、私。


SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO