「あのな、アンナ」

「…何よ」

「オイラ、アンナとこうやって散歩したり のんびりしたりするの、凄い好きなんよ」

「…そう」

「だから、このままでも 別にかまわんのだが」

「…」

「…でも、せっかくこうして二人でおるんだし」

「…」

「…ちょっとだけでも こっち向いてくれると、オイラ嬉しいんだけど」

「…ウルサイ」



ナナメ前の地面から 一向に視線を動かす気配のないアンナを見ているうちに、いつしか。

オイラの独占欲は言葉になって、彼女を困らせる。




SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO