恋−ヘッドホン



――急に、ボブの歌声が途切れた。

驚いて振り向いた葉の目に映ったのは、ふくれっつらをしたアンナの姿だった。…手には今まで葉の頭に乗っかっていたヘッドホン。

「何すんだよ、アンナ!?」

葉が抗議の声をあげる。そんな葉を無視して、アンナはヘッドホンを自分の耳に押しあてた。目を閉じて、じっと音楽に耳をかたむける。

「…アンナ?」

しばらくして、彼女はふぅっとため息をつきながらヘッドホンを外した。

「…あいかわらずウルサイ歌ね」
「…!なっ…!?」

訳が解らないながらも、好きな音楽を否定されて黙ってはいられなかったらしい。葉はアンナからヘッドホンを取り返し、「勝手に聴いといて、そりゃないだろ?」と文句を言った。
アンナがスタスタと葉に近寄り、隣に座る。
…だって、とはアンナの返事。

「あたしが呼んでるのに気付かないのは、コイツのせいじゃないの…」

コツン、とCDのジャケットを指でつつきながら。
その拗ねたような彼女の顔を見て、葉は思わず吹き出しそうになった。不満な気持ちなど、一気に失せる。

「ごめんな」

声と共に、アンナは葉の腕の中に包まれた。抱きしめられて、アンナの頬が少し染まる。

「…で、何だった?」
「…もう、いいわ。くだらない話よ」

訊ねられて、アンナがそう答えても、

「何だよ、気になるだろ」

引き下がらない葉と、

「…何でもないってば…」

しばらく、押し問答をした挙句に、やっと。

「…ただ」 
「…ただ?」

続きを促す葉の腕の中、アンナはうつむいて真っ赤にした顔を隠しながら、言う。消え入るような、小さな声で。

「……葉と、話したかっただけなのよ…」

――一瞬、ぽかんとした表情をした後。まるで伝染ったみたいに、葉の顔も見る見る赤く染まり始める。


ヘッドホンからは、まだボブの声がかすかに聞こえていた。





書き始めて2つ目くらいの物。「月」が視覚からだったので今度は聴覚から、と思ったのです、確か。
偽者度高!


SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO