…いつからか
…いつの間にか



初恋




『初恋の思い出』について語る、なんていう。
若い女性タレントの出ている番組にはよく有るコ−ナ−。
あたしは居間のちゃぶ台に肘をつきながら、そんなTVをぼんやりと眺めている。

『甘酸っぱい』だとか『切ない』だのといった言葉が飛び交う画面の向こう側。

…思わず。
少し離れた所で、やっぱりぼうっと雑誌を読んでいる葉を見た。

『初恋の思い出』

――コイツにも、あるのかしら。
そんなの。


…あろうが無かろうが、別にどうでもいいのだけれど。

……でも、やっぱりよくないらしくて。

きいてしまった。

「あんたの初恋っていつなの?」

と。


TVを見ていなかった彼には、唐突すぎる話題だと思ったわ。自分でも。
その証拠に。
鳩が豆鉄砲くらったみたいな顔をして、葉があたしを見てる。


「なんだ?いきなり」

そう言う葉は、少し動揺しているようにも見えた。
あたしは、いつもの調子で無理矢理押し通す事にした。

「…いいから、答えなさいよ。いつなのよ?」

「………」

暫く考えるような素振りをしてから、葉が言った。

「…わからん」


「わからん、って…」

なんだか間の抜けたその答えに苛付いてしまう。

「覚えてないの?」

苛立ちを隠さずに尋問を続けるあたしに、少し逃げ腰になった葉が答える。

「…いつ、なんてそんなの解んねぇよ。…いつの間にか…その、…そうだったんだから…」


「…?」

言いにくそうに言う葉の顔が、急激に赤く染まっていくのを見ながら、彼の言葉の意味を考える。


…それって。
彼の初恋は未だ進行形だってことで。
つまり…?

じっと顔を見つめると、葉は慌てた様子で目を逸らした。

「……バカね」

嬉しさと照れくささで火照ってくる顔を隠す為にTVのほうへ向き直る。


番組はまだ、同じ話題で盛り上がっている。

「あなたの初恋は?」


『あたしも、初恋はどっかの音楽ばかり聴いてるユルイ男の子よ』

心の中で告白。



――そろそろ『じゃあ、お前はどうなんよ』って、葉がきいてきそうだけど。


…絶対、教えてやらない。





ルヴォ発表以前の物。二人は物心ついた頃からの幼馴染み同士。
いつから「恋」に変わったのかなんて、本人達にもわからない。


SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO