happy merry churistmas




『お祭り好きなパッチ達に捕まって無理矢理着せられた』らしい赤い衣裳が、あたしを抱きすくめる。

「…その割には、やけに嬉しそうじゃない」

熱くなる頬を悟られないよう、精一杯に強がって。

「――それは、恰好のせいじゃないんよ」

吐き出した台詞も、軽くいなされてしまった。

「今こうして、アンナと居られるから」

囁いた唇が、くすぐったく触れてくる。

背中に回された腕と、
間近で感じる吐息と、
零れ続ける甘い言葉。

全部が幸せ過ぎて、目が回りそう。

だけど、何もかもがあんたのペースなのが、少しだけ悔しくて。

「…サンタなんでしょ。何をプレゼントしてくれるの?」

またも意地悪に紡ぎ出された言葉に、葉は肩口に埋めていた顔を一旦引き離すと、真剣な目であたしのそれを覗き込んだ。


「…アンナが、一番欲しいもの。」


――自惚れ過ぎか?

そう言って照れた笑みを浮かべるあんたに、今夜はどう頑張っても勝てやしない事をあたしは悟る。


…自惚れ過ぎじゃ、ないわ。


聞こえない程の答えを返して。

それから大人しく目を閉じて、与えられる筈のプレゼントを待った。





聖夜、プレゼントを貰いに来たサンタ。
元絵は絵板での落書き↓




SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO