いつの頃からか、そうなってしまった。

ねだられるままに毎年渡すようになった、チョコレート。

こんな菓子ひとつであたしの抱えてる何が表せるというのだろう、と少し馬鹿らしく思わないでもないけれど、単純なくらい素直に頬を緩ませるあんたを見るのは、悪くない。

『アンナ』

心底嬉しそうに言うと、口へほうり込む。

『アンナ、ありがとう』

小さな塊を摘み上げる、その指先を見るだけで、あたしの心臓は落ち着かなくなる。

『アンナ』

だって、わかっているから。

その後にあたしに向けられるあんたの眼差しが、いつもよりもっと優しいってことを。

抱き寄せられて、ふわり包まれる香り、重ねる口づけの、甘ささえ。

知っているから。

もう覚えてしまっているから。

あんたから戻ってくる甘さを思えば、ひとりでに顔が熱くなる。

そんな自分の事も、馬鹿らしいくらいに単純だと、思わないでもないけれど。

そうなってしまった。

いつの頃からか。


                                                 044:バレンタイン


照れ屋な嫁様からのチョコをゲットする為に、葉さんは毎年メチャメチャ頑張ってると思います。
06.02.15



SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO