いつも、怖い。

だって、あたしは醜い。

気付かれないように、悟られないように、必死で覆い隠しているけれど、そんなのはあんたが一舐めするだけで溶けてしまう。

「…ゃ、」

「…アンナ」

あんたは綺麗に光る眼で求める。
全部見せろ、と。

だけど、葉。 あんたにだけは知られたくないの。
あんたに対してだけ抱く、浅ましいまでのあたしの欲。
あんたは、あたしのすべてだわ。

「…アンナ、もっと」

欲しいと囁かれて、強く揺さ振られて、嬉しくない筈がなくて、零れた涙をまた舐め取られる。

波のように何度も意識が遠くなるのに、その度に手繰り寄せられる。

引き戻される、あんたの腕の中へ。


そうやって、あんたはあたしを剥がしていく。

なんて、甘くて痛くて怖い。


――焼き尽くすかもしれないわ。 それでも、逃げないでいてくれる?



                                               011:柔らかい殻


エロしか思いつかない…
06.03.09



SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO