003:荒野




「……ん…」


触れる度 羽根のように零れ出る吐息をもっと聞きたくて オイラは手をのばす。
窓から差し込む僅かな月明りのもと 白い躰を抱く。



感じるのは 飢餓。


更にと求めるオイラは乾いた土で、そんなオイラに与えるお前は 優しい雨みたいだと いつも思う。


「アンナ」


オイラの下で ぎゅっと目を瞑り、小さく躰を震わせている 最愛の妻の名を。


「目、開けて」


呼んで。
オイラを見てほしくて。


「…よう…」


ゆっくりと 開かれる瞼。

その 潤んだ瞳に映る自分の姿と 幾らか水分を含んだように聞こえる声に


安心して

また 心が騒ぐ。


お前がいなきゃ オイラどうなっちまうんかな。




思ったままを囁いたら、それは逆だと 微笑まれた。





荒野→水分が足りない→足りない→嫁が足りない…


SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO